2010〜2011年秋冬 東京ブランド新作 重量感より軽やかさ(産経新聞)

 ■逆風を前向きに乗り越えようとするデザイナーの決意

 東京を拠点にしたファッションブランドが今月、JFW・東京コレクション(23〜26日)を軸に、2010〜2011年秋冬の新作を披露した。秋冬の重量感より軽やかな印象の作品が目立った。不況で萎縮(いしゅく)ムードが続く中、ファッションが本来持つ明るさや華やかさを示し、逆風を前向きに乗り越えようとするデザイナーの決意を感じさせた。(小川真由美)

 ◆服の原点は家族

 07年にデビュー後、今回が東京での最後のショーとなったジョン・ローレンス・サリバン(柳川荒士)。肩幅が広めでウエストの絞りをなくしたコートやジャケット、綿のジャージー素材の細身のパンツなど、新しいシルエットで紳士服の強さと美しさを表現した。来年春夏から拠点をパリに移す。柳川は「西洋発祥の紳士服の美しさを日本人がどこまで形にできるか挑みたい」と飛躍を誓った。

 ネ・ネット(高島一精)は北欧に住む仮想動物の家族の日常をテーマに、緑や黄など明るい色を多用し暖かみを出した。家族を意識して初めて大人と子供の服を同じ会場に展示。高島は「服を毎日着る人間の生活の原点は家族。家族の暖かさを見直した」と話す。

 東コレ参加のデザイナーも攻めの姿勢を見せた。

 ミハラヤスヒロ(三原康裕)のテーマは女性の内面の強さ。色や柄を排し、ウールやアルパカ、フェイクファーなど数種類の生地を風化して破けたように見せるなど、素材の表情にこだわることで一見武骨に見えるデザインの中に女性のりりしさを際だたせた。三原は「見通しの暗い時代を変えるのは女性のパワー。ファッションでそれを伝えたい」。

 ◆夢あふれた服

 ミントデザインズ(勝井北斗、八木奈央)は定番の細かい文様や装飾から一転。家、花、王冠の柄をロングドレスに大きくあしらうなどシンプルな構造の服を並べた。テーマは「A NEW HOPE」。八木は「今までの価値観と違う全く新しい価値観で物事を見れば希望はある。それを感じてほしい」と期待する。

 まとふ(堀畑裕之、関口真希子)は「日本の眼」と題し、今回から色に焦点を当てて日本人の美意識を服に落とし込む試みをスタートさせた。自然や都会の風景、日常生活の場面を複数の色で表現。これまでの着物を想起させる形から一転、現代的な印象の作風に仕上げた。堀畑は「流行という新しさでなく新鮮であり続けることで普遍的な美を提案したい」と意気込みを見せた。

 4年ぶりにJFWに登場したのがケイタ マルヤマ(丸山敬太)。カラフルな色や柄、カシミヤやファー、リボンにレースなどぜいたくな作風は健在。丸山は「ファストファッションもいいが、ファンタジーや夢があふれた服もあっていい」と説明した。

 アグリサギモリ(鷺森アグリ)は男性的だったテーラードが進化。ボタンやフリルなど装飾を最小限にしながら女性らしさを表すなど、高い技術力を見せた。(敬称略)

日米密約 「説明受けた」中曽根元首相、認める(毎日新聞)
大麻所持容疑で教頭逮捕 49歳エリート教頭なぜ(産経新聞)
自宅ベランダから乳児2遺体=37歳の母親逮捕−大阪府警(時事通信)
「特定、解明に至らず」=長官銃撃で警視庁幹部(時事通信)
名古屋市の責任認める=「事故は予見可能」−火災現場で崩落、消防士死亡・地裁(時事通信)
[PR]
# by i5pviuig9t | 2010-04-02 03:59

有珠山 噴火から10年 洞爺湖町などでイベント始まる(毎日新聞)

 00年3月31日に水蒸気爆発を起こした北海道の有珠山噴火から間もなく10年。住民1万6000人が避難したが、1人の犠牲者も出さなかった「00年噴火の教訓」から学び、次の噴火に備えようと27日から地元自治体でさまざまなイベントが始まった。

【激しく噴火する有珠山の写真も】写真特集 日本の火山

 27日は、洞爺湖町で火山学習会が行われた。地元の民間グループ「有珠山噴火メモリアル委員会」の主催で、親子ら約40人が練り状のチョコレートと生クリームをマグマに見立てて溶岩ドームづくりに挑戦。指導した宇井忠英北大名誉教授は「自分で作業をすることで山の生い立ちが理解しやすく、実感できる」と話す。また、伊達市でも記念フォーラムが開催され、岡田弘北大名誉教授や菊谷秀吉伊達市長ら4人が当時の防災対応を検証。約130人が熱心に耳を傾けた。

 28日以降もシンポジウムや勉強会が予定され、噴石で家屋が倒壊するなど被害が最も大きかった洞爺湖町では31日に噴火が発生した「午後1時7分」にサイレンを流す。【新庄順一】

【関連ニュース】
【特集】ニュースがわかる 火山の国に暮らす
<火山のニュース>桜島:火山活動活発、どうなる 昨年、観測史上最多548回の爆発的噴火
<写真特集>浅間山噴火(09年2月)
<火山のニュース>雲仙火砕流:焼けたカメラ、記念館で公開

<天皇、皇后両陛下>京都・東山の「月輪陵」拝礼(毎日新聞)
メディア発言続ける=民主・生方氏(時事通信)
DV夫をパトカー20台とヘリで追跡・逮捕(読売新聞)
「自分で判断を」小林氏進退で小沢幹事長(読売新聞)
「日本一」スカイツリーに交代、東京タワー抜く(読売新聞)
[PR]
# by i5pviuig9t | 2010-03-31 01:31

<普天間>ヘリ部隊の訓練移転に難色 米太平洋軍司令官(毎日新聞)

 【ワシントン古本陽荘】米太平洋軍のウィラード司令官(海軍大将)は25日、ワシントン市内で記者会見し、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に絡む在沖縄海兵隊の訓練の県外への移転について、「米国は海兵隊の一体運用を重視している。歩兵を訓練地域に運ぶヘリ部隊が県外に出れば、歩兵への支援は困難になる」と述べ、ヘリ部隊の訓練移転には難色を示した。

 そのうえで、「沖縄県民にも日本政府にも(キャンプ・シュワブ沿岸部に移設するとした)現行計画が最善の選択」と語り、日米合意案の履行を求める米側の姿勢に変化がないことを改めて示した。

 一方で、ウィラード司令官は「日米同盟関係はかつてないほど強固なものとなっている」と語り、米軍と自衛隊との協力が進展してきたことを強調。アジア太平洋地域の同盟国5カ国との関係を説明するなかで、日本を最初に挙げ、アジア政策の「礎石(コーナーストーン)」と述べた。

【関連ニュース】
普天間移設:「県外」組み合わせ提示 沖縄知事に防衛相
普天間移設:県内2案提示へ 一部「県外」とセット
郵政改革:閣内対立激化 鳩・菅・仙VS社・国の構図に
郵政改革:亀井氏独走やまず 民主、官業肥大に批判
10年度予算:今夕に成立…参院委可決

B型インフル、検出続く―注意必要と感染研(医療介護CBニュース)
努力足りないのは国会議員=信頼感の全国調査−中央調査社(時事通信)
「紙との共存共栄図る」=電子書籍出版社協が発足会見(時事通信)
<放火3人殺害>29歳女に無期懲役 さいたま地裁判決(毎日新聞)
<シー・シェパード>抗議船船長の拘置延長(毎日新聞)
[PR]
# by i5pviuig9t | 2010-03-27 21:32

支柱に衝突、大学生5人死傷=アイスホッケー部、練習帰り−北海道(時事通信)

 21日午後8時25分ごろ、北海道共和町宮丘の国道229号で、北海道大2年玉置陽生さん(22)=札幌市中央区大通西=運転の乗用車が、道路左側の案内標識の支柱に突っ込んだ。後部座席の男女2人が死亡、玉置さんら3人が腰の打撲など軽傷を負った。道警岩内署が事故原因などを調べている。
 同署によると、死亡したのは北海道大2年、井上真明さん(20)=札幌市北区北17条西=と天使大1年、小林里穂さん(19)=同市中央区北7条西=。軽傷を負ったのは玉置さんのほか、いずれも北海道大の20歳と24歳の男子学生。
 男子学生4人はいずれも北大アイスホッケー部員で、泊村での練習を終え札幌へ帰る途中だったという。 

【関連ニュース】
飲酒運転で当て逃げか、米兵逮捕=道交法違反容疑
パトカーが信号無視=衝突、2人にけが負わす
正面衝突で3人死亡=小3男児も重体
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転
料金所に衝突、2人死亡=川崎

九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)
保護者と性的関係=区立小校長を更迭−東京・江戸川(時事通信)
首相動静(3月23日)(時事通信)
<桜>大阪で開花 観測史上2番目(毎日新聞)
証拠品ナイフ折るよう指示=蒲田署警部補に停職処分−警視庁(時事通信)
[PR]
# by i5pviuig9t | 2010-03-26 14:35

橋下知事の生激論見られるのに…議会傍聴なぜか空席(産経新聞)

 就任以来高い人気が続く大阪府の橋下徹知事。府主催のイベントなどでは知事があいさつをするというだけでも人だかりができるのに、府議会の傍聴席はなぜかガラガラだ。就任時は立ち見も出るほど盛況だったが、現在開会中の府議会本会議では半数は空席。橋下知事は「平日の昼間に開催されているので、傍聴は難しいかもしれないが、府民目線のチェックのためにもぜひ傍聴してほしい」としている。

 ■飽きた? 府民以外も傍聴OK

 府議会事務局によると、橋下知事が就任直後の平成20年の2月定例議会本会議は準備されている130席を超える1日あたり平均139人が傍聴。太田房江前知事の最後の議会となった19年の12月定例議会と比べ約4倍だった。この年の傍聴者数は100人を超えることが多かったが、翌年になると空席が目立ち始め、21年の9月定例議会は50人と半分以下に減少した。

 最近の傍聴者で一番多いのは、代表質問などをする議員の後援会メンバー。市民団体などのメンバーが行政の動きをチェックにきているケースもあるが、橋下知事目当ての一般傍聴者は少数派だという。

 一般的な地方議会では、議員と行政側が質問と答えをすりあわせていることも多く、本会議でも互いに持ち寄ったペーパーを読み上げるだけのやりとりがみられることも少なくないが、“橋下劇場”の場合は、筋書きにない、想定外の発言も目立つ。

 たとえば、今月4日には橋下知事が府市再編のたとえ話で、大阪市以外の自治体について「大阪市という重要なあんこの部分が抜かれたら皮だけになる」と表現して議場が騒然となる一幕も。また、共産府議に「核武装論者」と指摘して物議を醸したこともある。

 よく傍聴するという大阪市都島区の女性(61)は「橋下知事は答弁が分かりやすくておもしろい。もっと多くの人が傍聴に来たらいいのに」。大阪市平野区の男性(62)は「よその首長はお役所答弁だけど橋下知事は違う。自分の言葉で話しているのがよくわかる」と話した。

 橋下知事は「就任半年ぐらいまでは『何をするのだろう』と興味もあっただろうが、今は飽きがきているのかもしれない。ただ、多くの人に傍聴してもらいたいという気持ちはある。傍聴は無理でも、ホームページなどを通じ見てもらいたい」。府議会の朝倉秀実議長は「議会は知事と議員の真剣勝負の場。傍聴者がたくさんいることは議員のがんばりにもつながり、議論の活性化にもつながる。ぜひ多くの府民に来てもらいたい」と呼びかけている。

【用語解説】大阪府議会の傍聴方法

 本会議は大阪市中央区の府庁3階にある受付で氏名と住所を記入すれば、府民以外でも傍聴可能。年齢などの制限もなく、費用は無料。ただ、傍聴席での飲食や撮影は禁止。野次や拍手も禁じられている。また、常任委員会の知事質問も府庁2階の第1委員会室前で手続きを行えば、傍聴が可能。本会議の傍聴席は130席あるが、常任委員会の場合は20席にとどまる。開会中の府議会は18、19、23日に常任委員会の知事質問、24日に本会議が予定されている。

【関連記事】
橋下大阪知事の持論を“後押し” 九州新幹線で蒲島熊本知事が会談
橋下知事もママチャリで“参戦” 第2京阪で開通イベント
ここまでしてくれるとは…競争主義者、橋下知事の意外な一面
橋下知事批判で阿吽の呼吸? 平松大阪市長と公明
揺れる自民府議団 「橋下新党」台風の目
20年後、日本はありますか?

放火指示の組幹部に無罪=共謀成立を否定−奈良地裁(時事通信)
「生方氏、解任ではなく交代だ」…民主執行部(読売新聞)
<神戸ポートタワー>新装鮮やか 2カ月ぶり再開へ(毎日新聞)
チーム医療推進へ「特定看護師」創設を―厚労省検討会が報告書案(医療介護CBニュース)
戦没者を洋上慰霊8千キロ、激戦のレイテ沖など(読売新聞)
[PR]
# by i5pviuig9t | 2010-03-24 10:25