電動自転車ユーザー拡大 バラエティー豊かに(産経新聞)

 坂道もスイスイ楽々の電動アシスト自転車がバラエティー豊かになってきた。アシスト力をアップできる規制緩和やエコブームで市場拡大が続く中、充電用のバッテリーの耐久性を高めたり、デザインにこだわるなど、メーカー各社は消費者の心をつかもうと、工夫を凝らしている。

 ブリヂストンサイクルは1日、バッテリーの寿命を2倍に高めたモデルを電動アシスト自転車を今月中旬に発売すると発表した。通常は2〜3年で交換が必要なバッテリーの買い替え負担を大きく減らした。

 発売するのは「アシスタリチウムライト」と「ベガスE.A」で、いずれも8万6800円と10万円を着る。耐久性の高いリチウムイオンバッテリーを採用し、従来は350〜450回だった充電可能回数を800〜900回に、使用可能期間も4〜6年に倍増させた。同社では「手ごろな価格で顧客を取り込む」と意気込む。

 1993年に世界で初めて電動アシスト自転車を発売したヤマハ発動機は、今月4日に「PASラフィーニ」(12万1800円)など2010年モデルを発売した。平坦な道や緩い坂道でも荷物や子供を乗せて楽に走れるようアシスト力を向上させた。走行性能や快適性という王道で、パナソニックに奪われた首位奪回を目指す。

 そのパナソニックは今年5月に女性の街乗りを意識し、デザイン性を高めたスポーツタイプの「ラスティック」(11万9千円)などを投入した。折り畳み可能なモデルも増やし、「多様なニーズを取り込む」戦略だ。

 電動アシスト自転車の出荷台数は、2008年に原付きバイクを超え、09年は景気低迷にかかわらず前年比17%増の約36万5千台に拡大した。当初は中高年が中心だったが、子供の送迎に利用する主婦や最近は通勤・通学に使う会社員、学生などにユーザーが拡大。環境意識の高まりで、営業用の原付きバイクを切り替える会社も増えている。

【関連記事】
電動自転車にソーラー充電 三洋が世界初の駐輪場
東京・世田谷にソーラー駐輪場、自治体初の実用化
“渋滞知らずラクラク富士周遊 河口湖にレンタル電動自転車40台
電動自転車 雨、雪に勝てず!? 福井県の補助制度申請さっぱり
三洋 新型電動自転車 平地走行中もペダルで充電
「はやぶさ」帰還へ

日米合意に「辺野古」明記=普天間移設、28日正式発表(時事通信)
臨時閣議は「28日中」平野官房長官 「連立を崩そうという考え方ではない」(産経新聞)
「筋通した」福島・社民党 支持率3倍の世論調査も出る(J-CASTニュース)
メロペンの用量上限変更で承認申請−大日本住友製薬(医療介護CBニュース)
松井さんなら松、竹中さんは竹彫刻「しゃれ表札」(読売新聞)
[PR]
by i5pviuig9t | 2010-06-01 22:45


<< <無賃乗車>JR東海の関与社員... 太陽電池パドルが展開=金星探査... >>