<火災>住宅半焼 38歳母親死亡、6歳児重体 栃木・鹿沼(毎日新聞)

 17日午後4時50分ごろ、栃木県鹿沼市緑町2、会社員、石塚正幸さん(35)方から出火、木造平屋建ての住宅約58平方メートルを半焼した。出火当時、屋内には石塚さんの妻有美子さん(38)と長男(6)がおり、いずれも病院へ搬送されたが、有美子さんは間もなく死亡、長男は意識不明の重体。

 県警鹿沼署によると、石塚さん方は3人暮らし。有美子さんと長男は居間のこたつに入った状態で倒れていたという。同署が出火原因を調べている。【松本晃】

【関連ニュース】
火災:倉庫や事務所が全焼し1人の遺体発見 さいたま市
たまゆら火災:発生から1年 高齢貧困層の現実変わらず
たまゆら:「申し訳ない」理事長、保釈後初めて語る
札幌7人焼死:「防火設備費に補助金を」小規模施設
札幌7人焼死:用途変更問題で立ち入り検査

【寒蛙(かんがえる)と六鼠(むちゅう)】論説委員・長辻象平(産経新聞)
<自殺>半数が処方薬乱用 指示従わず
京大、授業料免除5300人に拡大 独自予算「安心し勉強を」(産経新聞)
普天間移設 「徳之島」検討指示 首相、県外を重視(産経新聞)
明細書、窓口対応と入金機の併用は「非常に微妙」―厚労省(医療介護CBニュース)
[PR]
by i5pviuig9t | 2010-03-19 19:39


<< 橋下知事の生激論見られるのに…... 中村耕一容疑者 「1年ほど前か... >>